【桜・見ごろ】臼杵公園のイベント情報

> 大分県観光情報公式サイトへ

【桜・見ごろ】臼杵公園

【桜・見ごろ】臼杵公園

春風に舞う桜

臼杵城は、丹生島に築かれた当時は海に囲まれていたため、別名丹生島城・亀城とも呼ばれているが、現在は埋立により陸続きになっている。キリシタン大名・大友宗麟の居城でもあった。廃藩置県後に廃城となって取り壊され、本丸・二の丸は公園地に指定、現在は2つの櫓と書院の庭園の一部・石垣などのみを残し、臼杵公園として市民の憩いの場となっている。春は約千本の桜で辺りが薄桃色に染まり、見頃に合わせ桜まつりも行われる。

開催日・期間 2018年03月26日(月)~2018年04月08日(日)
時間
開催日時備考 開催日は見ごろの時期の目安。天候等の影響により、見ごろの期間は前後する場合あり。臼杵城址桜まつり期間中は18時~22時までライトアップ予定。
開催場所 臼杵公園(臼杵城址)地図
住所 臼杵市祇園南
有料・無料 無料
料金
アクセス(公共交通) JR日豊本線臼杵駅より徒歩約10分
アクセス(自動車) 東九州自動車道「臼杵IC」より約10分
駐車場 あり 50台
駐車場備考
お問い合わせ 0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)
ホームページ http://www.usuki-kanko.com/?page_id=34
イベント備考

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります